【 解散のお知らせ 】

【解散のお知らせ】

 

我々URCHIN FARMは、5/2付けで解散します。

突然のお知らせになり大変申し訳ございません。

 

この度、矢澤壮太から、バンドを脱退したい、URCHIN FARMを解散させたいとの申し出がありました。

彼の意志は固く、このメンバーで続けられない以上、URCHIN FARMを存続させる事は不可能だと判断しました。

今まで応援してくださった皆様、お世話になった関係者の皆様、出逢って下さった全ての方々に感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

先日の4/27ワンマンの名古屋編をもってライブ活動も終了となります。

最後に皆様にご挨拶出来ないのは誠に心苦しいのですが、URCHIN FARMは笑顔が溢れるライブをやるバンドであると信じてここまでやって来ました。

お互いに悲しい顔が最後の記憶になってしまうのは違うと思った為、誠に勝手ながら解散ライブは行わない事とさせて頂きます。

 

 

19年間、紆余曲折のバンド生活でしたが

皆様の応援に支えられここまでやってこれました。

その恩に報いる事は出来ませんでしたが

これからも大切に作った楽曲達や、一緒に楽しんだライブの記憶が少しでも皆様の心の中に留まり、背中を押せる事を切に願っております。

 

今まで、本当にありがとうございました。

 

URCHIN FARM 一同

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

以下、Vo.&Gt.矢澤壮太からのコメントです。

 

 

 

 

突然のご報告になってしまい申し訳ございません。
私、矢澤壮太は本日5/2付けでURCHIN FARMを脱退します。
そして、メンバーと話し合い、URCHIN FARMも解散という形を取らせて頂くことになりました。
応援して下さっている皆様、連絡しきれていない関係者各位の皆様に対しまして本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。




僕は

URCHIN FARMの音楽が大好きです。
URCHIN FARMというバンドに命をかけると決めた時から
『URCHIN FARMのボーカルとして売れて、このバンドをより多くの人に聴いてもらいたい』
そう思いながら休止している間も含めた19年間、URCHIN FARMを必死にやってきました。

 


活動再開してからはもっとその気持ちが強くなっていました。
それぞれが経験を積み、スタッフが増え、チームも少しずつ大きくなり、
何より昔とは比べ物にならない沢山の人にも僕達の音楽が届く様になったり直接ライブに来て頂ける様になり、
『これならいけるかもしれない』と本気で思った時もありました。



辞める事を決意した理由は、
このままだと僕が大事にしたい人、物事、気持ち、
そういうものを全て大事に出来なくなると思ったからです。
いつからか芽生えたその違和感はどんどん大きくなり、少しずつURCHIN FARMが息苦しくなっていきました。
これからの人生、自分にも他人にも正直に生きていく為に、
真っ直ぐ音楽や人と関わっていく為に、
悲しいけれどURCHIN FARMのボーカルという人生にピリオドを打つことを決めました。



活動再開をした時、もう二度と悲しませる事はしないと約束したのにごめんなさい。
また観れて嬉しいと言ってくれたお客さん。
また一緒にやれた事を喜んでくれた仲間のバンドマン達。
新たに始めたことで出逢えた本当に多くの皆様、スタッフ。

 

こんなにも沢山アーチンを大事に思ってくれている皆様がいるのに、この様な決断になってしまう事が悔しくて寂しくて仕方がないです。
ですが、大切な人たちが増える一方で、
自信を持ってURCHIN FARMのボーカルでいる事が出来なくなった以上
僕には誤魔化しながらバンドを続けていく事はどうしても出来ませんでした。

こんな分かりにくい説明で理解、納得しろだなんて本当に勝手だという事は重々承知しています。
ですが、最後のわがままを言わせて頂くのであれば、悩んで悩んで出したこの僕の決断をどうかお許し頂けたらと思います。

 



僕はこれからも音楽を続けます。
形は変わっても、出来るだけ多くの方に聞いてもらえる様に、届けられる様に、
ボーカルとして、サポートミュージシャンとしても精進していく所存です。
新しい、未知の事にも恐れずに手を伸ばしてみたいです。

 


多くの方に支えられてきた19年間。
URCHIN FARMに出逢ってくれてありがとうございました。
僕達の音楽を聴いてくれて本当にありがとうございました。
皆様の笑顔や言葉、存在にいつも救われてました。


たまたま先のスケジュールが全く決まっていなかったこのタイミングでの決断だった為、
最後のライブが4/27のワンマンとなってしまい、ライブを観て頂けなかった皆様には申し訳なく思います。


人生、いつ何が起こるかわからないものです。
その都度MCや会話、ツイート、ブログ等で放っていた言葉に嘘はありません。
一生URCHIN FARMで歌っていくんだ、と思っていた自分がこの様な決断を下したことにも驚いています。
ですが、この決断を後悔することのないように、
また皆さんに応援してもらえるように、また一歩ずつ頑張ります。


皆様の事、絶対に忘れません。
また絶対にどこかでお会いしましょう!!
本当に本当に、ありがとうございました。



矢澤 壮太
 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

以下、Gt.&Cho.師崎洋平からのコメントです。

 

 

 

 

 

急な発表になり、本当に申し訳ありません。

 

バンドとして約束が果たせなくて、今はただ悔しい気持ちと応援して下さった皆さんに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

言いたいことや思うことは沢山ありますが、それはこれからゆっくり自分の中で消化していこうと思っています。

 

URCHIN FARMでの19年間を思い返してみると、僕は楽しいことばかり目に浮かびます。

 

もちろん辛いことや悲しいこともたくさんありましたが、やっぱり楽しかったことや嬉しかったことが思い出されます。

 

それだけで、ほんとに幸せだったなと思います。

 

メンバー、関わって頂いた方々、好きでいてくれたファンの皆さん、全てに感謝しています。

 

僕もこれから、大切にしてくれている人達、大切にしたい人達を必死に守っていこうと思います。

 

そうやって生きていけるように、絶対負けないように戦います。

 

URCHIN FARMの音楽が、これからもずっと、皆様の記憶に生活に、息づいてくれることを心から願っています。

 

今まで本当にありがとうございました。

 

 

師崎 洋平

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

以下、Ba.SHITTYからのコメントです。

 

 

 

 

 

突然の悲しい報告になってしまい申し訳ありません。壮太のコメントにもある通り、彼の脱退を受けてURCHIN FARMは本日付で解散を致します。

正直、終わる事をイメージしながら活動はしていませんでした。ラストライブは行いません。URCHIN FARMとしてこの終わり方を決断をしました。

 

今まで応援してくれた多くの人が望む形ではないと思います。裏切らない、という言葉が嘘になってしまった事が本当に辛いです。本当にごめんなさい。

 

ただURCHIN FARMとして19年間鳴らしてきた音楽に嘘はないので、これからもURCHIN FARMの音楽を愛してもらえたら嬉しいです!

それぞれがそれぞれの形で音楽と関わって生きて行くので、またどこかで皆様とお会いすることができればと思っています。

 

本当にありがとうございました!

 

 

SHITTY

 

 

 

 

 

 

Posted : 2018.05.02
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10  | 11  | 12  | 13  | 14  | 15  | 16  >


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。