HOME>イチオシ情報>一言で警備の仕事と言ってもその仕事内容は多種多様です

応募資格について

警備員

安定した正社員で警備員として働きたいと考えているけれど、警備員になるのに資格は必要なのでしょうか。いいえ、特に資格は必要なく学歴も高卒からで大丈夫です。新卒でも中途採用でも求人はあります。警備の業界は常に人手不足なので比較的応募しやすいのですが、信用に関わる仕事ですので、いくつかの条件があります。まず、18歳に満たない人は警備員にはなれません。例えアルバイトでもなれないので注意して下さい。また、犯罪を犯した人や破産宣告を受けた人も決められた期間を過ぎなければ警備員になることは出来ません。先程警備員になるのに特に資格は必要ないと述べましたが、それはしっかりと研修を行ってから業務に就くので安心して働く事が出来るのです。

気になる収入について

警備員

警備員として働いたらお給料はどの位なのか、気になるところですね。警備員の平均年収は300万前後と言われています。勿論雇用形態によってその内容は大きく変わってきます。正社員ですと契約社員や派遣社員に比べて高めなので340万前後、アルバイトだと一番低く250万前後となっているようです。また、同じ雇用形態でも都道府県によってかなり違いがあり都心部では高めになっています。また、大手企業の警備会社ですと中小に比べてお給料が高めになるようです。

収入アップを図るには

警備員

警備員として働きながら収入アップを図るにはいくつかの方法があります。まず、アルバイトや契約社員で働いているのなら頑張って正社員を目指すというのも一つの手です。アルバイトですとボーナスも無い場合が殆どですので、どうしても正社員とのお給料の差が出てしまいます。アルバイトから正社員登用している会社も数多くあるので、是非、正社員を目指してみましょう。また、警備に関係する資格が数多くあるので勉強して資格を取り、キャリアップを図るのもお勧めです。警備の仕事も多岐に渡り仕事によっては資格がある人を配置しなければならないので、有資格者は重宝され収入アップに繋がります。是非ともチャレンジしてみると良いでしょう。

広告募集中